Tuesday, December 31, 2019

Soseki Natsume: Ten Nights of Dreams: The Sixth Night (Ruby)



夢十夜ゆめじゅうや



第六夜だいろくや



夏目なつめ漱石そうせき



運慶うんけい護国寺ごこくじ山門さんもん

仁王におうきざんでいると評判ひょうばんだから、

散歩さんぽながらってると、

自分じぶんよりさき

もう大勢おおぜいあつまって、

しきりに下馬評げばひょうをやっていた。



***



山門さんもんまえ五六間ごろっけんところには、

おおきな赤松あかまつがあって、

そのみき

ななめに山門さんもんいらかかくして、

とお青空あおぞらまでびている。



まつみどり朱塗しゅぬりもん

たがいにうつってみごとにえる。



そのうえまつ位地いちい。



もんひだりはし眼障めざわりにならないように、

はすってって、

うえになるほどはばひろ

屋根やねまで突出つきだしているのが

なんとなく古風こふうである。



鎌倉時代かまくらじだいともおもわれる。



***



ところがているものは、みんな自分じぶんおなじく、

明治めいじ人間にんげんである。



そのうちでも車夫しゃふ一番いちばんおおい。



辻待つじまちをして

退屈たいくつだからっているに相違そういない。



***



おおきなもんだなあ」とっている。



人間にんげんこしらえるよりもよっぽど

 ほねれるだろう」

ともっている。



***



そうかとおもうと、

「へえ仁王におうだね。

 いまでも仁王におうるのかね。

 へえそうかね。

 わっしゃまた

 仁王におうはみんなふるいのばかりかとおもってた」

ったおとこがある。



***



「どうもつよそうですね。

 なんだってえますぜ。

 むかしからだれつよいって、

 仁王におうほどつよひといって

 いますぜ。



 なんでも日本武尊やまとだけのみことよりも

 つよいんだってえからね」

はなしかけたおとこもある。



このおとこしり端折はしょって、

帽子ぼうしかぶらずにいた。



よほど無教育むきょういくおとこえる。



***



運慶うんけい見物人けんぶつにん評判ひょうばんには

委細いさい頓着とんじゃくなく

のみつちうごかしている。



いっこうきもしない。



たかところって、

仁王におうかおあたり

しきりにいてく。



***



運慶うんけい

あたまちいさい烏帽子えぼしのようなものをせて、

素袍すおうだかなんだかわからないおおきなそで

背中せなかくくっている。



その様子ようすがいかにもふるくさい。



わいわいってる見物人けんぶつにんとは

まるであいれないようである。



自分じぶんはどうしていま時分じぶんまで

運慶うんけいきているのかなとおもった。



どうも不思議ふしぎことがあるものだとかんがえながら、

やはりってていた。



***



しかし運慶うんけいほうでは

不思議ふしぎとも奇体きたいともとんとかんない様子ようす

一生懸命いっしょうけんめいっている。



仰向あおむいて

この態度たいどながめていた一人ひとりわかおとこが、

自分じぶんほういて、

「さすがは運慶うんけいだな。

 眼中がんちゅう我々われわれなしだ。

 天下てんか英雄えいゆう

 ただ仁王におうれとあるのみと態度たいどだ。

 天晴あっぱれだ」

ってした。



***



自分じぶんはこの言葉ことば面白おもしろいとおもった。



それでちょっとわかおとこほうると、

わかおとこは、すかさず、

「あののみつち使つかかたたまえ。

 大自在だいじざい妙境みょうきょうたっしている」

った。



***



運慶うんけいいまふとまゆ

一寸いっすんたかさによこいて、

のみたてかえすやいなすに、

うえからつちおろした。



かたきざみにけずって、

あつ木屑きくず

つちこえおうじてんだとおもったら、

小鼻こばなのおっぴらいたいかばな側面そくめん

たちまちがってた。



そのとうかた

いかにも無遠慮ぶえんりょであった。



そうしてすこしも疑念ぎねんさしはさんでおらんように

えた。



***



「よくああ無造作むぞうさのみ使つかって、

 おもうようなまみえはなができるものだな」

自分じぶんはあんまり感心かんしんしたから

独言ひとりごとのようにった。



するとさっきのわかおとこが、

「なに、あれはまみえはなのみつくるんじゃない。

 あのとおりのまみえはな

 なかうまっているのを、

 のみつちちからすまでだ。



 まるでつちなかからいし

 すようなものだから

 けっして間違まちがうはずはない」

った。



***



自分じぶんはこのときはじめて

彫刻ちょうこくとはそんなものかとおもした。



はたしてそうなら

だれにでもできることだとおもした。



それできゅう自分じぶん

仁王におうってみたくなったから

見物けんぶつをやめてさっそくうちかえった。



***



道具箱どうぐばこから

のみ金槌かなづちして、

うらると、

せんだっての暴風あらしたおれたかしを、

まきにするつもりで、

木挽こびきかせた手頃てごろやつが、

たくさんんであった。



***



自分じぶん一番いちばんおおきいのをえらんで、

いきおいよくはじめてたが、

不幸ふこうにして、仁王におう見当みあたらなかった。



そのつぎのにも

運悪うんわるてることができなかった。



三番目さんばんめのにも仁王におうはいなかった。



自分じぶんんであるまき

かたぱしからってたが、

どれもこれも仁王におうかくしているのはなかった。



ついに明治めいじには

とうてい仁王におううまっていないものだとさとった。



それで運慶うんけい今日きょうまできている理由りゆう

ほぼわかった。





Reading Japanese Literature in Japanese
This series is for the people/students who want to learn Japanese.


Monday, December 30, 2019

Soseki Natsume: Ten Nights of Dreams: The Fifth Night (Ruby)



夢十夜ゆめじゅうや



夏目なつめ漱石そうせき



第五夜だいごや



こんなゆめた。



***



なんでもよほどふることで、

神代かみよちかむかしおもわれるが、

自分じぶんいくさをして運悪うんわる敗北まけたために、

生擒いけどりになって、

てき大将たいしょうまええられた。



***



そのころひとはみんなたかかった。



そうして、みんなながひげやしていた。



かわおびめて、

それへぼうのようなつるぎるしていた。



ゆみ

藤蔓ふじづるふといのをそのままもちいたようにえた。



うるしってなければみがきもかけてない。



きわめて素樸そぼくなものであった。



***



てき大将たいしょうは、

ゆみ真中まんなかみぎにぎって、

そのゆみくさうえいて、

酒甕さかがめせたようなもののうえ

こしをかけていた。



そのかおると、はなうえで、

左右さゆうまゆふと接続つながっている。



そのころ髪剃かみそりうものは無論むろんなかった。



***



自分じぶんとりこだから、

こしをかけるわけかない。



くさうえ胡坐あぐらをかいていた。



あしにはおおきな藁沓わらぐつ穿いていた。



この時代じだい藁沓わらぐつふかいものであった。



つと膝頭ひざがしらまでた。



そのはしところわらすこ編残あみのこして、

ふさのようにげて、

あるくとばらばらうごくようにして、かざりとしていた。



***



大将たいしょう

篝火かがりび自分じぶんかおて、

ぬかきるかといた。



これはそのころ習慣しゅうかんで、

捕虜とりこにはだれでも一応いちおうはこういたものである。



きるとこたえると降参こうさんした意味いみで、

ぬとうと屈服くっぷくしないとことになる。



自分じぶん一言ひとことぬとこたえた。



大将たいしょうくさうえいていたゆみ

むこうへげて、

こしるしたぼうのようなけん

するりときかけた。



それへかぜなびいた篝火かがりび

よこからきつけた。



自分じぶんみぎかえでのようにひらいて、

たなごころ大将たいしょうほうけて、

うえげた。



てと相図あいずである。



大将たいしょう

ふとつるぎをかちゃりとさやおさめた。



***



そのころでもこいはあった。



自分じぶんまえ

一目ひとめおもおんないたいとった。



大将たいしょう

けてとりくまでなら

った。



とりくまでにおんなをここへばなければならない。



とりいてもおんななければ、

自分じぶんわずにころされてしまう。



***



大将たいしょうこしをかけたまま、

篝火かがりびながめている。



自分じぶん

おおきな藁沓わらぐつわしたまま、

くさうえおんなっている。



よるはだんだんける。



***



時々ときどき篝火かがりびくずれるおとがする。



くずれるたびに狼狽うろたえたようにほのお

大将たいしょうになだれかかる。



真黒まっくろまゆしたで、

大将たいしょうがぴかぴかとひかっている。



するとだれやらて、

あたらしいえだをたくさんなか

んでく。



しばらくすると、がぱちぱちとる。



暗闇くらやみはじかえすような

いさましいおとであった。



***



このときおんなは、

うらならつないである、

しろうました。



たてがみ三度さんどでて

たかにひらりとった。



くらもないあぶみもない裸馬はだかうまであった。



ながしろあしで、

太腹ふとばらると、

うまはいっさんにした。



だれかがかがりをしたので、

とおくのそら薄明うすあかるくえる。



うまはこのあかるいものを目懸めがけて

やみなかんでる。



はなからはしらのようないき

二本にほんしてんでる。



それでもおんなほそあしでしきりなしに

うまはらっている。



うまひづめおとちゅうるほど

はやんでる。



おんなかみ吹流ふきながしのように

やみなかいた。



それでもまだかがりのあるところまでられない。



***



すると真闇まっくらみちはたで、

たちまちこけこっこうというとりこえがした。



おんな空様そらざまに、

両手りょうてにぎった手綱たづなをうんとひかえた。



うま前足まえあしひづめ

かたいわうえ

発矢はっしきざんだ。



***



こけこっこうとにわとりがまた一声ひとこえいた。



***



おんなはあっとって、

めた手綱たずな一度いちどゆるめた。



うま諸膝もろひざる。



ったひととも真向まともまえへのめった。



いわしたふかふちであった。



***



ひずめあと

いまだにいわうえのこっている。



にわとり真似まねをしたものは

天探女あまのじゃくである。



このひずめあといわきざみつけられているあいだ

天探女あまのじゃく自分じぶんかたきである。





Reading Japanese Literature in Japanese
This series is for the people/students who want to learn Japanese.


Sunday, December 29, 2019

Soseki Natsume: Ten Nights of Dreams: The Fourth Night (Ruby)



夢十夜ゆめじゅうや



夏目なつめ漱石そうせき



第四夜だいよんや



ひろ土間どま真中まんなか

すずだいのようなものをえて、

その周囲まわりちいさい床几しょうぎならべてある。



だい黒光くろびかりにひかっている。



片隅かたすみには

四角しかくぜんまえいて

じいさんが一人ひとりさけんでいる。



さかなしめらしい。



***



じいさんはさけ加減かげんでなかなかあかくなっている。



そのうえ顔中かおじゅうつやつやして

しわうほどのものはどこにも見当みあたらない。



ただしろひげをありたけやしているから

年寄としよりことだけはわかる。



自分じぶん子供こどもながら、

このじいさんのとしはいくつなんだろうとおもった。



ところへうらかけひから

手桶ておけみずんでかみさんが、

前垂まえだれきながら、

御爺おじいさんはいくつかね」

いた。



じいさんは頬張ほおばった煮〆にしめんで、

「いくつかわすれたよ」

ましていた。



かみさんはいたを、

ほそおびあいだはさんで

よこからじいさんのかおっていた。



じいさんは茶碗ちゃわんのようなおおきなもので

さけをぐいとんで、

そうして、ふうとながいき

しろひげあいだからした。



するとかみさんが、

御爺おじいさんのうちはどこかね」

いた。



じいさんはながいき途中とちゅうって、

へそおくだよ」とった。



かみさんは

ほそおびあいだ突込つっこんだまま、

「どこへくかね」

とまたいた。



するとじいさんが、

また茶碗ちゃわんのようなおおきなもので

あつさけをぐいとんで

まえのようないきをふうといて、

「あっちへくよ」

った。



***



真直まっすぐかい」

かみさんがいたとき

ふうといたいきが、

障子しょうじとおして

やなぎしたけて、

河原かわらほう真直まっすぐった。



***



じいさんがおもてた。



自分じぶんあとからた。



じいさんのこし

ちいさい瓢箪ひょうたんがぶらがっている。



かたから四角しかくはこ

わきしたるしている。



浅黄あさぎ股引ももひき穿いて、

浅黄あさぎ袖無そでなしをている。



足袋たびだけが黄色きいろい。



なんだかかわつくった足袋たびのようにえた。



***



じいさんが真直まっすぐやなぎしたまでた。



やなぎした子供こども三四人さんよにんいた。



じいさんはわらいながら

こしから浅黄あさぎ手拭てぬぐいした。



それを肝心綯かんじんよりのように細長ほそながった。



そうして地面じびた真中まんなかいた。



それから手拭てぬぐい周囲まわりに、

おおきなまるいた。



しまいにかたにかけたはこなかから

真鍮しんちゅうこしらえた飴屋あめやふえ

した。



***



いまにその手拭てぬぐいへびになるから、ておろう。

 ておろう」

繰返くりかえしてった。



***



子供こども

一生懸命いっしょうけんめい手拭てぬぐいていた。



自分じぶんていた。



***



ておろう、ておろう、いか」

いながら

じいさんがふえいて、

うえをぐるぐるまわした。



自分じぶん手拭てぬぐいばかりていた。



けれども手拭てぬぐいはいっこううごかなかった。



***



じいさんはふえをぴいぴいいた。



そうしてうえ何遍なんべんまわった。



草鞋わらじ爪立つまだてるように、抜足ぬきあしをするように、

手拭てぬぐい遠慮えんりょをするように、まわった。



こわそうにもえた。



面白おもしろそうにもあった。



***



やがてじいさんはふえをぴたりとやめた。



そうして、かたけたはこくちけて、

手拭てぬぐいくびを、ちょいとつまんで、

ぽっとほうんだ。



***



「こうしておくと、はこなかへびになる。

 いませてやる。いませてやる」

いながら、

じいさんが真直まっすぐあるした。



やなぎしたけて、

ほそみち真直まっすぐりてった。



自分じぶんへびたいから、

ほそみちをどこまでもいてった。



じいさんは時々ときどきいまになる」とったり、

へびになる」とったりして

あるいてく。



しまいには、

 「いまになる、へびになる、

  きっとなる、ふえる、」

うたいながら、とうとうかわきした。



はしふねもないから、

ここでやすんではこなかへびせるだろう

おもっていると、

じいさんはざぶざぶかわなか這入はいした。



はじめはひざくらいのふかさであったが、

だんだんこしから、むねほうまでみずつかって

えなくなる。



それでもじいさんは

 「ふかくなる、よるになる、

  真直まっすぐになる」

うたいながら、

どこまでも真直まっすぐあるいてった。



そうしてひげかおあたま頭巾ずきん

まるでえなくなってしまった。



***



自分じぶん

じいさんが向岸むこうぎしがったときに、

へびせるだろうとおもって、

あしところって、

たった一人ひとりいつまでもっていた。



けれどもじいさんは、とうとうがってなかった。





Reading Japanese Literature in Japanese
This series is for the people/students who want to learn Japanese.


Saturday, December 28, 2019

Soseki Natsume: Ten Nights of Dreams: The Third Night (Ruby)



夢十夜ゆめじゅうや



夏目なつめ漱石そうせき



第三夜だいさんや



こんなゆめた。



むっつになる子供こどもおぶってる。



たしかに自分じぶんである。



ただ不思議ふしぎことには

いつのにかつぶれて、

青坊主あおぼうずになっている。



自分じぶん

御前おまえはいつつぶれたのかいとくと、

なにむかしからさとこたえた。



こえ子供こどもこえ相違そういないが、

言葉ことばつきはまるで大人おとなである。



しかも対等たいとうだ。



***



左右さゆう青田あおたである。



みちほそい。



さぎかげ時々ときどきやみす。



***



田圃たんぼへかかったね」と背中せなかった。



「どうしてわかる」

かおうしろへけるようにしていたら、

「だってさぎくじゃないか」とこたえた。



***



するとさぎがはたして二声ふたこえほどいた。



***



自分じぶん我子わがこながらすここわくなった。



こんなものを背負しょっていては、

このさきどうなるかわからない。



どこか打遣うっちゃるところはなかろうかと

むこうをると

やみなかおおきなもりえた。



あすこならばとかんが途端とたんに、

背中せなかで、

「ふふん」とこえがした。



なにわらうんだ」



子供こども返事へんじをしなかった。



ただ

御父おとっさん、おもいかい」といた。



おもかあない」とこたえると

いまおもくなるよ」とった。



***



自分じぶんだまって

もり目標めじるしにあるいてった。



なかみち不規則ふきそくにうねって

なかなかおもうようにられない。



しばらくすると二股ふたまたになった。



自分じぶんまたって、ちょっとやすんだ。



***



いしってるはずだがな」と小僧こぞうった。



なるほど八寸角はっすんかくいし

こしほどのたかさにっている。



おもてには

ひだくぼみぎ堀田原ほったはらとある。



やみだのにあかあきらかにえた。



あか井守いもりはらのようないろであった。



ひだりいだろう」と小僧こぞう命令めいれいした。



ひだりるとさっきのもり

やみかげを、

たかそらから自分じぶんらのあたまうえ

げかけていた。



自分じぶんはちょっと躊躇ちゅうちょした。



***



遠慮えんりょしないでもいい」と小僧こぞうがまたった。



自分じぶん仕方しかたなしにもりほうあるした。



はらなかでは、

よく盲目めくらのくせになんでもってるなと

かんがえながら

一筋ひとすじみちもりちかづいてくると、

背中せなかで、

「どうも盲目めくら不自由ふじゆうでいけないね」とった。

「だからおぶってやるからいいじゃないか」

ぶってもらってすまないが、

 どうもひと馬鹿ばかにされていけない。

 おやにまで馬鹿ばかにされるからいけない」



***



なんだかいやになった。



はやもりってててしまおうとおもって

いそいだ。



***



「もうすこくとわかる。

 ――ちょうどこんなばんだったな」

背中せなか独言ひとりごとのようにっている。



なにが」ときわどいこえしていた。



なにがって、ってるじゃないか」

子供こどもあざけるようにこたえた。



するとなんだかってるようながしした。

けれども判然はっきりとはわからない。



ただこんなばんであったようにおもえる。

そうしてもうすこけばわかるようにおもえる。



わかっては大変たいへんだから、

わからないうちにはやててしまって、

安心あんしんしなくってはならないようにおもえる。

自分じぶんはますますあしはやめた。



***



あめはさっきからっている。



みちはだんだんくらくなる。

ほとんど夢中むちゅうである。



ただ背中せなかちいさい小僧こぞうがくっついていて、

その小僧こぞう

自分じぶん過去かこ現在げんざい未来みらい

ことごとくてらして、

寸分すんぶん事実じじつらさないかがみのように

ひかっている。



しかもそれが自分じぶんである。



そうして盲目めくらである。



自分じぶんはたまらなくなった。



「ここだ、ここだ。



 ちょうどそのすぎところだ」



***



あめなか

小僧こぞうこえ判然はっきりきこえた。



自分じぶんおぼえずとまった。

いつしかもりなか這入はいっていた。

一間いっけんばかりさきにあるくろいものは

たしかに小僧こぞうとお

すぎえた。



***



御父おとっさん、そのすぎところだったね」



「うん、そうだ」とおもわずこたえてしまった。



文化ぶんか五年ごねん辰年たつどしだろう」



なるほど文化ぶんか五年ごねん辰年たつどしらしくおもわれた。



御前おまえがおれをころしたのは

 いまからちょうど百年前ひゃくねんまえだね」



自分じぶんはこの言葉ことばくやいなや、

いまから百年前ひゃくねんまえ

文化ぶんか五年ごねん辰年たつどし

こんなやみばんに、

このすぎで、

一人ひとり盲目めくらころしたと自覚じかくが、

忽然こつぜんとしてあたまなかおこった。



おれは人殺ひとごろしであったんだなと

はじめてがついた途端とたんに、

背中せなかきゅう

石地蔵いしじぞうのようにおもくなった。





Reading Japanese Literature in Japanese
This series is for the people/students who want to learn Japanese.