2020年3月12日木曜日

Translations: Aesop’s Fables イソップ物語(2)



日本語にほんご Aesop’s Fables

翻訳ほんやく

Translations

イソップ物語ものがたり

Aesop’s Fables





オンドリ と 宝石ほうせき

The Cock and the Jewel



オンドリ が

自分じぶん や メス の ため に

えさ を さがして いて、

宝石ほうせき を つけ ました。

A COCK, scratching for food for himself and his hens, found a precious stone

■オンドリ:cock ■えさ:food



オンドリ は さけび ました。

and exclaimed:



「もし わたし では なく

 おまえ の ぬし だったら

 おまえ を 大切たいせつ に した だろう。

"If your owner had found thee, and not I, he would have taken thee up, and have set thee in thy first estate;

■おまえ:you ■ぬし:owner



 しかし

 わたし は つまらない もの を つけた。

but I have found thee for no purpose.



 わたし は

 世界中せかいじゅう の 宝石ほうせき より

 むぎ 一粒ひとつぶ が しい。」

I would rather have one barleycorn than all the jewels in the world."

むぎ:barleycorn



The Cock and the Jewel

A COCK, scratching for food for himself and his hens, found a precious stone and exclaimed: "If your owner had found thee, and not I, he would have taken thee up, and have set thee in thy first estate; but I have found thee for no purpose. I would rather have one barleycorn than all the jewels in the world."





のど の かわた ハト

The Thirsty Pigeon

■のど が かわく:thirsty ■ハト:pigeon

A PIGEON, oppressed by excessive thirst, saw a goblet of water painted on a signboard.……

とても のど の かわいた ハト が

い ました。

A PIGEON, oppressed by excessive thirst,


ハト は


みず の はいった グラス を

つけ ました。

みず:water ■つける:see

saw a goblet of water


しかし

それ は


看板かんばん に かいた もの でした。

看板かんばん:signboard ■かく:paint

painted on a signboard.


ハト は


それ が   だ と

気付きづ  ません でした。

:picture ■気付きづく:suppose

Not supposing it to be only a picture ,


おおきな おと を てて、


看板かんばん に  かって

で いって  しまい  ました。

かって:towards ■ぶ:fly ■~して しまう:unwittingly

she flew towards it with a loud whir and unwittingly dashed against the signboard,


そして

ひどく  ぶつかり  ました。

■ぶつかる:jar

jarring herself terribly.


はね が 

地面じめん に  ました。

れる:break ■ちる:fall

Having broken her wings by the blow, she fell to the ground,


そして

ていたひと に つかまり ました。

て いる ひと:bystanders ■つかまる:be caught (つかまえる:catch)

and was caught by one of the bystanders.


***


あまり 熱中ねっちゅう して

分別ぶんべつ を うしなう の は


よくない の です。

熱中ねっちゅう:zeal ■分別ぶんべつ:discretion ■よく ない:not good, should not

Zeal should not outrun discretion.



The Thirsty Pigeon

A PIGEON, oppressed by excessive thirst, saw a goblet of water painted on a signboard. Not supposing it to be only a picture, she flew towards it with a loud whir and unwittingly dashed against the signboard, jarring herself terribly. Having broken her wings by the blow, she fell to the ground, and was caught by one of the bystanders.

Zeal should not outrun discretion.



アリ と キリギリス

The Ants and the Grasshopper

■アリ:ant ■キリギリス:grasshopper



アリ は

なつ に あつた 穀物こくもつ を  ながら

なつ:summer ■あつめる:collect ■穀物こくもつ:grain ■す:dry

心地ここちよい ふゆ の 一日いちにち を

ごして い ました。

心地ここちよい:fine ■ふゆ:winter ■一日いちにち:day ■ごす:spend

THE ANTS were spending a fine winter's day drying grain collected in the summertime.



そこ へ

空腹くうふく で、 そうな キリギリス が

とおりかかり ました。

空腹くうふく:famine ■ぬ:die, perish ■とおりかかる:pass by

A Grasshopper, perishing with famine, passed by



キリギリス は

すこし もの が ほしい と

たの ました。

もの:food ■たのむ;beg

and earnestly begged for a little food.



アリ は、たず ました。

たずねる:inquire

The Ants inquired of him,



「なぜ、

 なつ の あいだ に

 たくわて おか なかった の?」

たくわえる:treasure up

"Why did you not treasure up food during the summer?'



キリギリス は、こたえ ました。

He replied,



ひま が なかった ん だ。

ひま:leisure

"I had not leisure enough.



 毎日まいにち

 うた を うたて いた から ……」

うたう:sing

I passed the days in singing."



すると

アリ は、

嘲笑あざわらて い ました。

嘲笑あざわらって:in derision

They then said in derision:



夏中なつじゅう、 うたって いた 馬鹿ばか は

 ふゆ は、

 夕食ゆうしょく き で おどて なさい」

馬鹿ばか:fool ■夕食ゆうしょく:supper ■おどる:dance

"If you were foolish enough to sing all the summer, you must dance supperless to bed in the winter."



The Ants and the Grasshopper

THE ANTS were spending a fine winter's day drying grain collected in the summertime. A Grasshopper, perishing with famine, passed by and earnestly begged for a little food. The Ants inquired of him, "Why did you not treasure up food during the summer?" He replied, "I had not leisure enough. I passed the days in singing." They then said in derision: "If you were foolish enough to sing all the summer, you must dance supperless to bed in the winter."



バッタ を つかまえる 少年しょうねん

The Boy Hunting Locusts



ある 少年しょうねん が

バッタ を つかまえて い ました。

少年しょうねん:boy ■バッタ:locust ■つかまえる:hunt

A BOY was hunting for locusts.



かなり つかまえた とき

サソリ を つけ ました。

■サソリ:scorpion ■つける:see

He had caught a goodly number, when he saw a Scorpion,



少年しょうねん は

バッタ と 間違まちが

サソリ に  を ばし ました。

間違まちがえる:mistake ■:hand ■ばす:reach out

and mistaking him for a locust, reached out his hand to take him.



サソリ は

毒針どくばり を て  ました。

毒針どくばり:sting ■せる:show ■う:say

The Scorpion, showing his sting, said:



わたし に さわた だけ で

 わたし と … その バッタ も 全部ぜんぶ

 うしな こと に なる よ」

さわる:touch ■全部ぜんぶ:all ■うしなう:lose

If you had but touched me, my friend, you would have lost me, and all your locusts too!"



The Boy Hunting Locusts

A BOY was hunting for locusts. He had caught a goodly number, when he saw a Scorpion, and mistaking him for a locust, reached out his hand to take him. The Scorpion, showing his sting, said: "If you had but touched me, my friend, you would have lost me, and all your locusts too!"





Reading Japanese Literature in Japanese
This series is for the people/students who want to learn Japanese.




0 件のコメント:

コメントを投稿