Wednesday, March 18, 2020

Japanese Ghost Stories むじな The Faceless Ghost



むじな The Faceless Ghost



On the Akasaka Road, in Tokyo, there is a slope called Kii-no-kuni-zaka,--which means the Slope of the Province of Kii. I do not know why it is called the Slope of the Province of Kii. On one side of this slope you see an ancient moat, deep and very wide, with high green banks rising up to some place of gardens;--and on the other side of the road extend the long and lofty walls of an imperial palace. Before the era of street-lamps and jinrikishas, this neighborhood was very lonesome after dark; and belated pedestrians would go miles out of their way rather than mount the Kii-no-kuni-zaka, alone, after sunset.

All because of a Mujina that used to walk there.

(A kind of badger. Certain animals were thought to be able to transform themselves and cause mischief for humans.)

The last man who saw the Mujina was an old merchant of the Kyobashi quarter, who died about thirty years ago. This is the story, as he told it: ……

(1)

商人しょうにん が

きのくにざか を あるいて いる と

商人しょうにん:merchant ■さか:slope

わかい おんな が

て い ました。

おんなwoman ■く:weep

One night, at a late hour, he was hurrying up the Kii-no-kuni-zaka, when he perceived a woman crouching by the moat, all alone, and weeping bitterly. Fearing that she intended to drown herself, he stopped to offer her any assistance or consolation in his power. ……


商人しょうにん は

ある ばん おそく


きのくにざか を

いそで がって いき ました。

ばん:night ■おそく:late hour ■いそぐ:hurry

--One night, at a late hour, he was hurrying up the Kii-no-kuni-zaka,


すると


ほり の そば で

かがん


ひとり で ひどく て いる おんな が

い ました。

ほり:moat ■かがむ:crouch ■く:weep

when he perceived a woman crouching by the moat, all alone, and weeping bitterly.


 の かもしれない と おもって


かれ は

まり ました。

む:drown oneself ■まる:stop

Fearing that she intended to drown herself, he stopped


彼女かのじょ を


なんとかして

たす よう、なぐさ よう


と おもった の です。

たすける:assist ■なぐさめる:console

to offer her any assistance or consolation in his power.


彼女かのじょ は


ほっそり と して

上品じょうひん に え ました。

■ほっそり:slight ■上品じょうひん:graceful

She appeared to be a slight and graceful person,


きれいな なり で

handsomely dressed;


かみ も

い いえ の じょうさん の よう でした。

かみ:hair ■おじょうさん:young girl

and her hair was arranged like that of a young girl of good family.


「お女中じょちゅう(*)」


と かれ は おんな に 近寄ちかよ

こえ を かけ ました。

近寄ちかよる:approach ■こえ を かける:exclaim

"O-jochu (*)," he exclaimed, approaching her,--

(*) O-jochu ("honorable damsel"), a polite form of address used in speaking to a young lady whom one does not know.

「お女中じょちゅう


 そんな に か ない で

 ください。

"O-jochu,

do not cry like that!


 なに を

 こまて いる の か


 おして ください。

なに:what ■こまる:trouble ■おしえる:tell

Tell me what the trouble is;


 なにか できる こと が あれば


 なんでも

 よろこんで やり ます よ」

よろこんで:glad

and if there be any way to help you, I shall be glad to help you."


かれ は

本当ほんとう


そういう つもり でした。

本当ほんとうに:really ■つもり:mean

(He really meant what he said;


かれ は

とても 親切しんせつな ひと だった の です。

親切しんせつ:kind

for he was a very kind man.)


しかし


おんな は

いて いる だけ でした。

But she continued to weep,


…… ながい そで で

かお を かく


いて い ました。

そで:sleeve ■かお:face ■かくす:hide

--hiding her face from him with one of her long sleeves.


「お女中じょちゅう




かれ は


出来できるだけ やさしく

い ました

■やさしく:gently

"O-jochu," he said again, as gently as he could,


「どうか、どうか


 て ください。

く:listen

--"please, please listen to me!...


 ここ は


 わかい 女性じょせい が

 よる いる ような ところ では


 あり ません。

This is no place for a young lady at night!


 ねが です から


 か ない で

 ください。

■おねがい:implore

Do not cry, I implore you!


 わたし に できる こと を

 おしえて ください」

--only tell me how I may be of some help to you!"


すると

彼女かのじょ は


ゆっくり と

がり ました。

■ゆっくり:slowly ■がる:rise up

Slowly she rose up,


しかし


かれ に

 を け ました。

:back

but turned her back to him,


そして

そで で かお を かくした まま


つづて い ました。

■~つづける:continue

and continued to moan and sob behind her sleeve.


かれ は


 を

そっと おんな の かた に いて


い ました。

:hand ■かた:shoulder

He laid his hand lightly upon her shoulder, and pleaded:


「お女中じょちゅう!――お女中じょちゅう!――お女中じょちゅう

--"O-jochu!--O-jochu!--O-jochu!...


 いて ください。


 すこし で いい です から!

Listen to me, just for one little moment!


 お女中じょちゅう!――お女中じょちゅう!」

O-jochu!--O-jochu!"...


すると


彼女かのじょ は

りかえり ました。

りかえる:turn around

Then that O-jochu turned around,


そして

そで を した に おろし ながら


 で かお を なで ました。

■おろす:drop ■なでる:stroke

and dropped her sleeve, and stroked her face with her hand;


すると

そこ に は


 も はな も くち も

あり ません でした。

:eye ■はな:nose ■くち:mouth

--and the man saw that she had no eyes or nose or mouth,


かれ は

さけび ながら


 ました。

■さけぶ:scream ■げる:run away

--and he screamed and ran away.

An apparition with a smooth, totally featureless face, called a "nopperabo," is a stock part of the Japanese pantheon of ghosts and demons.



(2)

商人しょうにん が

げて いる と


そば の 屋台やたい が

あり ました。

■そば:buckwheat noodles ■屋台やたい:stand 

Up Kii-no-kuni-zaka he ran and ran; and all was black and empty before him. On and on he ran, never daring to look back; and at last he saw a lantern, so far away that it looked like the gleam of a firefly; and he made for it.……


かれ は

きのくにざか を かけがり ました。

■かける(=はしる):run

Up Kii-no-kuni-zaka he ran and ran;


かれ の まえ に は

くら やみ が ある だけ でした。

くらやみ:dark

and all was black and empty before him.


かえ 勇気ゆうき も なく

ただ はしり ました。

かえる:look back ■勇気ゆうき:dare

On and on he ran, never daring to look back;


ついに

とお に


ほたる の ように ひかる 提灯ちょうちん を

つけ ました。

とおく:far ■ほたる:firefly ■提灯ちょうちん:lantern

and at last he saw a lantern, so far away that it looked like the gleam of a firefly;


かれ は

そこ へ はしり ました。

and he made for it.


それ は


道側みちばた の

そば の 屋台やたい の

提灯ちょうちん でした。

道側みちばた:roadside ■そば:soba-seller ■屋台やたい:stand

It proved to be only the lantern of an itinerant soba-seller, who had set down his stand by the road-side;

Soba is a preparation of buckwheat, somewhat resembling vermicelli.

しかし

こんな こと の あと では


どんな あかり でも

どんな 人間にんげん でも よかった の です。

but any light and any human companionship was good after that experience;


かれ は


そば の 足元あしもと に すわんで

さけ ました。

足元あしもと:at the feet of ■さけぶ:cry

and he flung himself down at the feet of the soba-seller, crying out,


「ああ!――ああ!!――ああ!!!」

"Ah!--aa!!--aa!!!"...


「これ! これ!」

と そば は

さけび ました。

"Kore! kore!" (*) roughly exclaimed the soba-man.

(*) An exclamation of annoyed alarm.

「おい、どうした?

"Here! what is the matter with you?


 だれ に おそわれた の か?」

だれか:anybody ■おそう:hurt

Anybody hurt you?"


「いや

 おそわれた わけ じゃ ない」


と かれ は

いきらし ながら い ました。


「ただ……

 ああ! ああ!」

"No--nobody hurt me," panted the other,--"only... Ah!--aa!"


おどされた だけ か?」




そば は

そっけなく、たず ました。


泥棒どろぼう か?」

■おどす:scare ■たずねる:query ■泥棒どろぼう:robber

"--Only scared you?" queried the peddler, unsympathetically. "Robbers?"


泥棒どろぼう じゃ ない

 泥棒どろぼう じゃ ない」


かれ は

あえぎ ながら い ました。

"Not robbers,--not robbers," gasped the terrified man...


わたし は た。

 おんな を た。

"I saw... I saw a woman


 … ほり の そば で …

 彼女かのじょ が わたし に た … ああ!

せる:show

--by the moat;--and she showed me... Ah!


 説明せつめい でき ない……」

説明せつめいする:tell

I cannot tell you what she showed me!"...


「へえ!


 それ は

 こんな もの だった の か?」


と そば は い ながら …

"He! (*) Was it anything like THIS that she showed you?" cried the soba-man,

(*) Well!

かお を なで ました。

stroking his own face


すると


そば の かお は

たまご の ように なり ました。

たまご:egg

which therewith became like unto an Egg...


そして

同時どうじ


あかり が

え ました。

同時どうじ に:simultaneously

And, simultaneously, the light went out.





Reading Japanese Literature in Japanese
This series is for the people/students who want to learn Japanese.




No comments:

Post a Comment