2020年11月7日土曜日

JLPT N3: Japanese Short Stories: Osamu Dazai

JLPT N3: Japanese Short Stories: Osamu Dazai



JLPT N3でめる

太宰治だざいおさむ(Osamu Dazai)の有名ゆうめいな、みじか小説しょうせつ

紹介しょうかいします。



太宰治だざいおさむ(Osamu Dazai)(1909-1948)

はしれメロス(Run, Melos, Run)(1940)

うみ(The Sea)

うそ(The Lie)

うつくしい風景ふうけい黄金おうごん風景ふうけい)(Beautiful Scenery)(1939)

あさ(Morning)(1947)

いぬはなし畜犬談ちくけんだん)(A Dog)(1939)

・うばすて、姥捨うばすて(UBASUTE)




You can Read Japanese Literature in Japanese

Learning to Read Japanese






はしれメロス(Run, Melos, Run)

メロスは、

そのわるおうに、ころされることになる。

メロスは、三日みっかってくれ、とたのむ。

三日みっかに、かえらなかったら、

メロスの友達ともだちぬことになる。

しかし、メロスはかえれなくなる。

メロスははしる。

時間じかんがない。

それでも、メロスははしる。






うみ(The Sea)

戦争せんそうちゅう

ちちは、子供こどもに、うみせようとする。

ちちは、子供こどもが、よろこぶだろう、とおもった。

しかし、

うみ子供こどもった言葉ことば

ちちは、おどろく。






うそ(The Lie)

うそ:lie)

戦争せんそうちゅう

あるおとこが、

軍隊ぐんたい(army)から、す。

おとこは、おんなのところにかえる。

おとこは、おんないえにいるはずである。

しかし、おんなは、なにらない、とう。






うつくしい風景ふうけい黄金おうごん風景ふうけい)(Beautiful Scenery)

わたしは、子供こどものころ、女中じょちゅうをいじめた。

女中じょちゅう:maid  いじめる:to bully)

そのわたしまずしくなった。

まずしい:poor)

そして、また、その女中じょちゅうう。

そのとき女中じょちゅう言葉ことばで、

わたしかたわる。






あさ(Morning)

あるわたしは、って、

わかおんな部屋へやまる。

う:to get drunk)

おんなは、わたししんじている。

よるめると、

ちかくにおんなている。

める:to wake up)

ねむれない。

くら部屋へやなかで、

わたしは、そのおんなのことをかんがえている。






いぬはなし畜犬談ちくけんだん)(A Dog)

わたしは、いぬきらいである。

いつか、いぬまれる、とおもっている。

しかし、いぬうことになる。

う:to have, to feed)

わたしは、

いぬが、きらいだ、といながらも、

えさをやり

一緒いっしょ散歩さんぽく。

(えさ:feed)

あるときいぬ病気びょうきになる。





■うばすて(姥捨うばすて)(UBASUTE)

つまが、おっと以外いがいおとこた。

つまおっとは、

もうきてくことができない、

おもう。

二人ふたりは、自殺じさつしようとして、やまなかはいってくが、

ぬことが出来できない。

 「うばすて」とは、としったひとを、やまてること。)

(UBASUTE: The practice of disposing of old people by abandonment.)




You can Read Japanese Literature in Japanese

Learning to Read Japanese

2020年11月3日火曜日

JLPT N5: Vocabulary with Examples: 動詞(Verbs)

Reading Japanese Literature in Japanese
This series is for the people/students who want to learn Japanese.
 


う(あう)

to meet, to see

えきで、かれに、った。



く(あく)

to open

このみせは、あさ十時じゅうじく。



ける(あける)

to open

まどける。



げる(あげる)

to raise

げて、質問しつもんする。

to give

彼女かのじょにプレゼントをあげた。



あそぶ(あそぶ)

to play

友達ともだちと、ゲームをしてあそぶ。

to enjoy oneself

今日きょう東京とうきょうあそんでいた。



あらう(あらう)

to wash

みずで、あらった。



■ある

to be, to have

いえちかくに、えきがある。

部屋へやまどふたつある。



あるく(あるく)

to walk

あるいて学校がっこうく。



びる(あびる)

to bathe, to shower

シャワーをびる。



う(いう)

to say

名前なまえってください。



く(いく)

to go

明日あすやまく。



る(いる)

to be, to have

今日きょうは、いえにいます。

えきに、たくさんひとがいた。

わたしには、あに一人ひとり、います。



る(いる)

to need

生活せいかつには、おかねる。



れる(いれる)

to put in

かばんに、ほんれる。



うたう(うたう)

to sing

うたうたう。



まれる(うまれる)

to be born

おんなまれた。



る(うる)

to sell

いえる。



きる(おきる)

to get up

あさはやく、きる。



く(おく)

to put

つくえうえほんいた。



おしえる(おしえる)

to teach, to tell

日本語にほんごおしえる。

えきみちおしえてください。



す(おす)

to push, to stamp something

みちで、うしろから、された。

エレベーターのボタンをす。



おぼえる(おぼえる)

to remember

日本語にほんご言葉ことばおぼえる。



およぐ(およぐ)

to swim

うみおよぐ。



りる、りる(おりる)

to get off, to descend

階段かいだんりる。

電車でんしゃりる。



わる(おわる)

to finish

授業じゅぎょうわる。



う(かう)

to buy

ほんう。



かえす(かえす)

to return something

図書館としょかんほんかえす。



かえる(かえる)

to go back

いえかえる。



■かかる

to take time or money

えきまで、あるいて、一時間いちじかんかかる。

手紙てがみおくるのに、二百にひゃくえんかかる。



く(かく)

to write

手紙てがみく。



■かける

to call by phone

電話でんわをかける。



す(かす)

to lend

かれに、おかねした。



りる(かりる)

to borrow, to rent

図書館としょかんほんりた。

えきちかくのアパートをりた。



える(きえる)

to go out, to disappear

あかりが、えた。

くもえて、そられた。



く(きく)

to hear, to listen to

音楽おんがくく。

to ask

えきへのみちいた。



る(きる)

to cut

る。



る(きる)

to put on

ふくる。



くもる(くもる)

to become cloudy, to become dim

そらくもってた。



る(くる)

to come

バスがた。



す(けす)

to erase, to turn off power

いたす。

あかりをす。



こたえる(こたえる)

to answer

質問しつもんこたえる。



こまる(こまる)

to be in trouble, to be at a loss

仕事しごとく、おかねこまった。



く(さく)

to bloom

はなく。



す(さす)

to point

かれは、とおくのやました。



す(さす)

to raise an umbrella

あめってたので、かさした。



ぬ(しぬ)

to die

かれは、病気びょうきんだ。



まる(しまる)

to close, to be closed

このみせは、五時ごじまる。



める(しめる)

to close something

さむいので、まどめる。



める(しめる)

to tie

毎朝まいあさ、ネクタイをしめる。



る(しる)

to know

かれ名前なまえっている。

ニュースで、その事件じけんった。



う(すう)

to breathe, to smoke, to suck

空気くうきう。

たばこをう。

掃除機そうじきでゴミをう。



む(すむ)

to live in

東京とうきょうんでいます。

京都きょうとみたい。



■する

to do

今日きょうなにをしようか?

掃除そうじをする。

旅行りょこうをする。

散歩さんぽをする。



すわる(すわる)

to sit

椅子いすすわる。



す(だす)

to put out, to take out

はこから、ほんす。

まどから、かおす。

to send

手紙てがみす。



つ(たつ)

to stand

そとひとっている。

椅子いすからがる。



たのむ(たのむ)

to ask

かれものたのんだ。



べる(たべる)

to eat

あさごはんをべた。



ちがう(ちがう)

to differ

あれと、これは、おおきさがちがう。



使つかう(つかう)

to use, to spend

機械きかい使つかってつくる。

かねをたくさん使つかう。



つかれる(つかれる)

to get tired

今日きょう仕事しごとつかれた。



く(つく)

to arrive at

えきいた。



つくる(つくる)

to make

料理りょうりつくる。



■つける

to turn on

くらいので、あかりをつけてください。



つとめる(つとめる)

to work for someone

東京とうきょう会社かいしゃつとめています。



かける(でかける)

to go out

毎日まいにちものかける。



る(でる)

to go out

毎日まいにちそとる。

to leave

今日きょうあさはやく、いえた。

to appear

彼女かのじょがテレビにていた。



ぶ(とぶ)

to fly

とりそらんでいる。



まる(とまる)

to stop

電車でんしゃえきまった。



る(とる)

to take something

かれは、そのほんった。



る(とる)

to take a photo or record a film

まち写真しゃしんる。



く(なく)

animal noise. to chirp, roar or croak etc.

とりいている。



くす(なくす)

to lose something

えき財布さいふをなくしてしまった。



ならう(ならう)

to learn

学校がっこう日本語にほんごならっています。



ならぶ(ならぶ)

to line up, to stand in a line

みせまえひとならんでいる。



ならべる(ならべる)

to line up, to set up

みせまえに、商品しょうひんならべる。



■なる

to become

医者いしゃになりたい。

そとくらくなった。

かおあかくなる。



ぐ(ぬぐ)

to take off clothes

ふくぐ。



る(ねる)

to go to bed, to sleep

昨日きのうはやた。



のぼる(のぼる)

to climb

やまのぼる。



む(のむ)

to drink

みずむ。



る(のる)

to get on, to ride

電車でんしゃる。



はいる(はいる)

to enter

みせはいる。

to contain

このはこには、おかねはいっている。



■はく

to put on

くつをはく。



はじまる(はじまる)

to begin

映画えいがはじまる。



はじめる(はじめる)

to begin

勉強べんきょうはじめる。

あさごはんをはじめる。



はしる(はしる)

to run

毎朝まいあさえきまではしる。



はたらく(はたらく)

to work

会社かいしゃはたらく。



はなす(はなす)

to speak

日本語にほんごはなす。

明日あす予定よていはなす。



る(はる)

to stick

かべにポスターをる。



れる(はれる)

to be sunny

明日あすれるでしょう。



く(ひく)

to pull

ドアをいてける。



く(ひく)

to play an instrument

ピアノをく。



く(ふく)

to blow

かぜいている。



る(ふる)

to fall

今日きょうゆきっている。



しい(ほしい)

to want

あのほんしい。

あのほんってほしい。



がる(まがる)

to turn, to bend

つぎ信号しんごうみぎがってください。

みちみぎがっている。



つ(まつ)

to wait

彼女かのじょるのをっています。



みがく(みがく)

to brush teeth, to polish

みがく。

テーブルをみがく。



せる(みせる)

to show

あなたの写真しゃしんせてください。



る、る(みる)

to see, to watch

まどからそとる。

映画えいがる。



つ(もつ)

to hold, to have

その荷物にもつちましょう。

かれたかくるまっている。



やすむ(やすむ)

to rest

つかれたから、すこやすみたい。



く(ゆく)

to go

かれは、どこへくのだろう?



ぶ(よぶ)

to call out, to invite

だれかが、わたしんだ。

かれいえんだ。



む(よむ)

to read

新聞しんぶんむ。



かる(わかる)

to be understood

かれ日本語にほんごがわかる。



わすれる(わすれる)

to forget

彼女かのじょとの約束やくそくわすれてしまった。



わたす(わたす)

to hand over

彼女かのじょ手紙てがみわたした。



わたる(わたる)

to go across

かわおよいでわたる。



Reading Japanese Literature in Japanese
This series is for the people/students who want to learn Japanese.
 


2020年11月2日月曜日

JLPT N4: Japanese Short Stories: Soseki Natsume, Ryunosuke Akutagawa, Osamu Dazai, Kenji Miyazawa

JLPT N4: Japanese Short Stories



JLPT N4でめる

日本にほん有名ゆうめいな、みじか小説しょうせつ

紹介しょうかいします。



芥川龍之介あくたがわりゅうのすけ(Ryunosuke Akutagawa)(1892-1927)

仙女せんにょ(Fairy)

・くものいと(The Spider's Thread)(1918)

・トロッコ(The Truck)(1922)

・まじゅつ(魔術まじゅつ)(Magic)(1919)



夏目漱石なつめそうせき(Soseki Natsume)(1867-1916)

夢十夜ゆめじゅうや(Ten Nights of Dreams)(1908)



太宰治だざいおさむ(Osamu Dazai)(1909-1948)

はしれメロス(Run, Melos, Run)(1940)



宮沢賢治みやざわけんじ(Kenji Miyazawa)(1896-1933)

・セロきのゴーシュ(Gauche the Cellist)(1934)




You can Read Japanese Literature in Japanese

Learning to Read Japanese





JLPT N4: Japanese Short Stories

仙女せんにょ(Fairy)

芥川あくたがわ龍之介りゅうのすけ(Ryunosuke Akutagawa)






うつくしいおんなんでいた。

おんなが、どこからたのか、

なにをして生活せいかつをしているのか

だれらなかった。

ある

彼女かのじょおおきなこえ

こえた。

彼女かのじょは、とてもおこっていた。



■くものいと(The Spider's Thread)

芥川あくたがわ龍之介りゅうのすけ(Ryunosuke Akutagawa)




天国てんごく(heaven)の、おしゃかさま(Buddha)が

わるおとこ

くも(spider)のいと地獄じごく(hell)からたすけようとする。

たすける:to save)

おとこは、くものいと

のぼりはじめる。

しかし、

そのわるおとこは、自分じぶんだけが、

たすかろうとする。



■トロッコ(The Truck)

芥川あくたがわ龍之介りゅうのすけ(Ryunosuke Akutagawa)




おとこは、トロッコにりたいとおもう。

かれは、大人おとな一緒いっしょ

トロッコをして、

とおくまでく。

が暮れてしまった。

かれは、一人ひとりで、かえらなければならない。

かれは、はしはじめた。








■まじゅつ(Magic)

芥川あくたがわ龍之介りゅうのすけ(Ryunosuke Akutagawa)



ハッサン・カンというインドのふるい、まじゅつ(magic)をならうには、

よく(greed)をてなければならない。

わたしは、よくて、

まじゅつをならう。

しかし、

どうしても、おかねしくなり、

まじゅつを使つかいたくなる。








夢十夜ゆめじゅうや(Ten Nights of Dreams)

夏目漱石なつめそうせき(Soseki Natsume)



夢十夜ゆめじゅうや」は、

十個じっこみじかゆめはなしである。

ここでは、はじめの、いつつのはなし紹介しょうかいする。



第一夜だいいちや(The First Night)

おんなは、おとこ

百年ひゃくねんっていてしい、とう。

そしておんなんだ。

おとこは、おんなっている。

しかし、おんなない。



第二夜だいにや(The Second Night)

おとこは、さとろう、とおもった。

さとる:to attain enlightenment)

さとれないのなら、のう、とおもった。

しかし、さとれない。

さとれないまま、

かれ時間じかん

る。



第三夜だいさんや(The Third Night)

おとこは、

えない子供こども

てよう、とおもう。

子供こどもも、そのことをっている。

そして、おとこは、

百年間ひゃくねんまえに、自分じぶんがやったことを

おもす。



第四夜だいよんや(The Fourth Night)

おとこは、まっすぐにあるいてく。

おとこは、うたいながらあるいてく。

おとこは、まっすぐにあるいてく。

そして、おとこは、かわはいってく。

ふかく、はいってく。

それでも、おとこは、まっすぐにあるいてく。



第五夜だいごや(The Fifth Night)

わたしは、ころされる。

ころす:to kill)

わたしは、

まえに、おんないたい、

う。

わたしは、おんなっている。

しかし、おんなない。

おんなないまま、

ころされる時間じかんになる。








はしれメロス(Run, Melos, Run)

太宰だざいおさむ(Osamu Dazai)



メロスは、

そのわるおうに、ころされることになる。

メロスは、三日みっかってくれ、とたのむ。

三日みっかに、かえらなかったら、

メロスの友達ともだちぬことになる。

しかし、メロスはかえれなくなる。








■セロきのゴーシュ(Gauche the Cellist)

宮沢賢治みやざわけんじ(Kenji Miyazawa)



ゴーシュは、

オーケストラ(orchestra)で

チェロ(cello)をいています。

でも、とても、下手へたでした。

いえで、よるおそくまで、練習れんしゅうしていると、

動物どうぶつが、やってます。

ねこ(cat)、かっこう(cuckoo)、たぬき(raccoon dog)、ネズミ(mouse)。

そして、

コンサートのます。

すると、ゴーシュは、

とても上手じょうずになっていたのです。






You can Read Japanese Literature in Japanese

Learning to Read Japanese