2020年11月7日土曜日

JLPT N3: Japanese Short Stories: Osamu Dazai

JLPT N3: Japanese Short Stories: Osamu Dazai



JLPT N3でめる

太宰治だざいおさむ(Osamu Dazai)の有名ゆうめいな、みじか小説しょうせつ

紹介しょうかいします。



太宰治だざいおさむ(Osamu Dazai)(1909-1948)

はしれメロス(Run, Melos, Run)(1940)

うみ(The Sea)

うそ(The Lie)

うつくしい風景ふうけい黄金おうごん風景ふうけい)(Beautiful Scenery)(1939)

あさ(Morning)(1947)

いぬはなし畜犬談ちくけんだん)(A Dog)(1939)

・うばすて、姥捨うばすて(UBASUTE)




You can Read Japanese Literature in Japanese

Learning to Read Japanese






はしれメロス(Run, Melos, Run)

メロスは、

そのわるおうに、ころされることになる。

メロスは、三日みっかってくれ、とたのむ。

三日みっかに、かえらなかったら、

メロスの友達ともだちぬことになる。

しかし、メロスはかえれなくなる。

メロスははしる。

時間じかんがない。

それでも、メロスははしる。






うみ(The Sea)

戦争せんそうちゅう

ちちは、子供こどもに、うみせようとする。

ちちは、子供こどもが、よろこぶだろう、とおもった。

しかし、

うみ子供こどもった言葉ことば

ちちは、おどろく。






うそ(The Lie)

うそ:lie)

戦争せんそうちゅう

あるおとこが、

軍隊ぐんたい(army)から、す。

おとこは、おんなのところにかえる。

おとこは、おんないえにいるはずである。

しかし、おんなは、なにらない、とう。






うつくしい風景ふうけい黄金おうごん風景ふうけい)(Beautiful Scenery)

わたしは、子供こどものころ、女中じょちゅうをいじめた。

女中じょちゅう:maid  いじめる:to bully)

そのわたしまずしくなった。

まずしい:poor)

そして、また、その女中じょちゅうう。

そのとき女中じょちゅう言葉ことばで、

わたしかたわる。






あさ(Morning)

あるわたしは、って、

わかおんな部屋へやまる。

う:to get drunk)

おんなは、わたししんじている。

よるめると、

ちかくにおんなている。

める:to wake up)

ねむれない。

くら部屋へやなかで、

わたしは、そのおんなのことをかんがえている。






いぬはなし畜犬談ちくけんだん)(A Dog)

わたしは、いぬきらいである。

いつか、いぬまれる、とおもっている。

しかし、いぬうことになる。

う:to have, to feed)

わたしは、

いぬが、きらいだ、といながらも、

えさをやり

一緒いっしょ散歩さんぽく。

(えさ:feed)

あるときいぬ病気びょうきになる。





■うばすて(姥捨うばすて)(UBASUTE)

つまが、おっと以外いがいおとこた。

つまおっとは、

もうきてくことができない、

おもう。

二人ふたりは、自殺じさつしようとして、やまなかはいってくが、

ぬことが出来できない。

 「うばすて」とは、としったひとを、やまてること。)

(UBASUTE: The practice of disposing of old people by abandonment.)




You can Read Japanese Literature in Japanese

Learning to Read Japanese

0 件のコメント:

コメントを投稿