2020年11月2日月曜日

JLPT N4: Japanese Short Stories: Soseki Natsume, Ryunosuke Akutagawa, Osamu Dazai, Kenji Miyazawa

JLPT N4: Japanese Short Stories



JLPT N4でめる

日本にほん有名ゆうめいな、みじか小説しょうせつ

紹介しょうかいします。



芥川龍之介あくたがわりゅうのすけ(Ryunosuke Akutagawa)(1892-1927)

仙女せんにょ(Fairy)

・くものいと(The Spider's Thread)(1918)

・トロッコ(The Truck)(1922)

・まじゅつ(魔術まじゅつ)(Magic)(1919)



夏目漱石なつめそうせき(Soseki Natsume)(1867-1916)

夢十夜ゆめじゅうや(Ten Nights of Dreams)(1908)



太宰治だざいおさむ(Osamu Dazai)(1909-1948)

はしれメロス(Run, Melos, Run)(1940)



宮沢賢治みやざわけんじ(Kenji Miyazawa)(1896-1933)

・セロきのゴーシュ(Gauche the Cellist)(1934)




You can Read Japanese Literature in Japanese

Learning to Read Japanese





JLPT N4: Japanese Short Stories

仙女せんにょ(Fairy)

芥川あくたがわ龍之介りゅうのすけ(Ryunosuke Akutagawa)






うつくしいおんなんでいた。

おんなが、どこからたのか、

なにをして生活せいかつをしているのか

だれらなかった。

ある

彼女かのじょおおきなこえ

こえた。

彼女かのじょは、とてもおこっていた。



■くものいと(The Spider's Thread)

芥川あくたがわ龍之介りゅうのすけ(Ryunosuke Akutagawa)




天国てんごく(heaven)の、おしゃかさま(Buddha)が

わるおとこ

くも(spider)のいと地獄じごく(hell)からたすけようとする。

たすける:to save)

おとこは、くものいと

のぼりはじめる。

しかし、

そのわるおとこは、自分じぶんだけが、

たすかろうとする。



■トロッコ(The Truck)

芥川あくたがわ龍之介りゅうのすけ(Ryunosuke Akutagawa)




おとこは、トロッコにりたいとおもう。

かれは、大人おとな一緒いっしょ

トロッコをして、

とおくまでく。

が暮れてしまった。

かれは、一人ひとりで、かえらなければならない。

かれは、はしはじめた。



仙女せんにょ(Fairy)

くものいと(The Spider's Thread)

トロッコ(The Truck)

芥川あくたがわ龍之介りゅうのすけ(Ryunosuke Akutagawa)

Amazon Kindle







■まじゅつ(Magic)

芥川あくたがわ龍之介りゅうのすけ(Ryunosuke Akutagawa)



ハッサン・カンというインドのふるい、まじゅつ(magic)をならうには、

よく(greed)をてなければならない。

わたしは、よくて、

まじゅつをならう。

しかし、

どうしても、おかねしくなり、

まじゅつを使つかいたくなる。



まじゅつ(魔術まじゅつ)(Magic)

芥川あくたがわ龍之介りゅうのすけ(Ryunosuke Akutagawa)

Amazon Kindle







夢十夜ゆめじゅうや(Ten Nights of Dreams)

夏目漱石なつめそうせき(Soseki Natsume)



夢十夜ゆめじゅうや」は、

十個じっこみじかゆめはなしである。

ここでは、はじめの、いつつのはなし紹介しょうかいする。



第一夜だいいちや(The First Night)

おんなは、おとこ

百年ひゃくねんっていてしい、とう。

そしておんなんだ。

おとこは、おんなっている。

しかし、おんなない。



第二夜だいにや(The Second Night)

おとこは、さとろう、とおもった。

さとる:to attain enlightenment)

さとれないのなら、のう、とおもった。

しかし、さとれない。

さとれないまま、

かれ時間じかん

る。



第三夜だいさんや(The Third Night)

おとこは、

えない子供こども

てよう、とおもう。

子供こどもも、そのことをっている。

そして、おとこは、

百年間ひゃくねんまえに、自分じぶんがやったことを

おもす。



第四夜だいよんや(The Fourth Night)

おとこは、まっすぐにあるいてく。

おとこは、うたいながらあるいてく。

おとこは、まっすぐにあるいてく。

そして、おとこは、かわはいってく。

ふかく、はいってく。

それでも、おとこは、まっすぐにあるいてく。



第五夜だいごや(The Fifth Night)

わたしは、ころされる。

ころす:to kill)

わたしは、

まえに、おんないたい、

う。

わたしは、おんなっている。

しかし、おんなない。

おんなないまま、

ころされる時間じかんになる。



夢十夜ゆめじゅうや(Ten Nights of Dreams)

夏目漱石なつめそうせき(Soseki Natsume)

Amazon Kindle







はしれメロス(Run, Melos, Run)

太宰だざいおさむ(Osamu Dazai)



メロスは、

そのわるおうに、ころされることになる。

メロスは、三日みっかってくれ、とたのむ。

三日みっかに、かえらなかったら、

メロスの友達ともだちぬことになる。

しかし、メロスはかえれなくなる。



はしれメロス(Run, Melos, Run)

太宰だざいおさむ(Osamu Dazai)

Amazon Kindle







■セロきのゴーシュ(Gauche the Cellist)

宮沢賢治みやざわけんじ(Kenji Miyazawa)



ゴーシュは、

オーケストラ(orchestra)で

チェロ(cello)をいています。

でも、とても、下手へたでした。

いえで、よるおそくまで、練習れんしゅうしていると、

動物どうぶつが、やってます。

ねこ(cat)、かっこう(cuckoo)、たぬき(raccoon dog)、ネズミ(mouse)。

そして、

コンサートのます。

すると、ゴーシュは、

とても上手じょうずになっていたのです。



セロきのゴーシュ(Gauche the Cellist)

宮沢賢治みやざわけんじ(Kenji Miyazawa)

Amazon Kindle





You can Read Japanese Literature in Japanese

Learning to Read Japanese

0 件のコメント:

コメントを投稿