2021年1月23日土曜日

JLPT N3: Japanese Short Stories: Osamu Dazai: 海



JLPT N3 Japanese Short Stories

うみ

太宰だざいおさむ

戦争せんそうちゅう日本にほんはなしです)



(1)



東京とうきょう三鷹みたかいえにいたころは、

毎日まいにちのように、

近所きんじょに、爆弾ばくだん(bomb)がちた。



わたしんだってかまわない。



が、しかし

このあたまうえに、爆弾ばくだんちたら、

このは、とうとう、

うみというものを、一度いちどずに、

んでしまうのだ

おもうと、つらいがした。



わたしは、

津軽つがる平野へいや(Tsugaru Plain)のまんなかで、まれたので、

うみるのが、おそく、

十歳じっさいくらいのときに、はじめてうみたのである。



そうして、

そのときの、とてもたのしかった気持きもちは、

いまでも、わたしもっと貴重きちょうおもひとつになっているのである。



このにも、いちどうみせてやりたい。



(2)



子供こどもは、おんな五歳ごさいである。



やがて、三鷹みたかいえ爆弾ばくだんでこわされた

が、

いえものは、だれけがをしなかった。



わたしたちは、

つま故郷こきょうである、甲府市こうふしうつった。



しかし、まもなく、

甲府市こうふしにも爆弾ばくだんちてて、

わたしたちのいるいえけてしまった。



しかし、たたかいは、なお、つづく。



いよいよ、わたしまれた土地とち

つま子供こどもれてくしかなかった。



そこが、最後さいご場所ばしょである。



わたしたちは甲府こうふから、

津軽つがるの、わたしまれたいえかって

出発しゅっぱつした。



三日みっかかかって、

やっと秋田県あきたけん東能代ひがしのしろまでき、

そこから五能線ごのうせんえて、

すこし、ほっとした。



(3)



うみは、……うみえるのは、

 どちらがわです」



わたしは、まず、

車掌しゃしょう(conductor)にたずねる。



このせんは、

海岸かいがんの、すぐちかくをとおっているのである。



わたしたちは、うみえるがわすわった。



うみえるよ。

 もうすぐえるよ。

 浦島うらしま太郎たろうさんのうみえるよ」



わたしひとり、なにかとさわいでいる。



「ほら! うみだ。

 ごらん、うみだよ、ああ、うみだ。

 ね、おおきいだろう、ね、うみだよ」



とうとう、このにも、

うみせてやることができたのである。



かわだわねえ、おかあさん」

と、

子供こどもは、

いつもとおなじようにはなしている。



かわ?」

わたしおどろいた。



「ああ、かわ

つまは、半分はんぶんねむりながらこたえる。



かわじゃないよ。うみだよ。

 まるで、ちがうじゃないか!

 かわだなんて、ひどいじゃないか」



じつに、つまらないおもいで、

わたしひとり、夕方ゆうがたうみながめる。






You can Read Japanese Literature in Japanese

Learning to Read Japanese

0 件のコメント:

コメントを投稿