2021年2月8日月曜日

JLPT N3: Soseki Natsume: I am a Cat: あらすじ(outline)



JLPT N3



夏目なつめ漱石そうせき(1867-1916)

Soseki Natsume



吾輩わがはいねこである

I am a Cat






登場人物とうじょうじんぶつ(characters)



吾輩わがはい

ねこ、オス(male)

吾輩わがはい』とは、『わたし』という意味いみ

名前なまえはない



主人しゅじん(master)

吾輩わがはいんでいるいえ主人しゅじん

学校がっこう先生せんせい

わる



迷亭めいてい先生せんせい

主人しゅじん友人ゆうじん

ひとうそうのが



寒月君かんげつくん

主人しゅじん友人ゆうじん



東風君とうふうくん

主人しゅじん友人ゆうじん



三毛子みけこ

こと(Japanese harp)の師匠ししょう(master)のところに

んでいる三毛猫みけねこ(tortoiseshell cat)

メス(female)

吾輩わがはいきなねこ



くろ

くろねこ




あらすじ(outline)



吾輩わがはいねこである(1)



吾輩わがはいわたし)は、ねこである。

吾輩わがはいは、ある人間にんげんいえむようになる。

主人しゅじんは、学校がっこう先生せんせいである。

主人しゅじんは、くこともある。

下手へたである。



くろくろねこ)とはなしをするようになった。

くろは、自慢じまんきである。



吾輩わがはいねこである(2)



吾輩わがはいは、ねこである。

名前なまえは、まだ、ない。

あたらしいとしになった。



吾輩わがはいは、

主人しゅじんのこしたもち(rice cake)を

べようとする。



吾輩わがはいは、なんでもべるが、

もちべるのは、はじめてである。



もちべるのは、むずかしい!



吾輩わがはいねこである(3)



吾輩わがはいは、ねこである。

名前なまえは、まだ、ない。

正月しょうがつ(New Year)である。



前回ぜんかい吾輩わがはいは、

もちべようとして、大変たいへんなことになった。



今回こんかいは、

主人しゅじんのところへきゃくの、

面白おもしろはなしである。



東風君とうふうくんが、

「トチメンボー」という、意味いみのわからないもの

べようとするはなし



また、東風君とうふうくんは、

不思議ふしぎ朗読会ろうどくかい(reading group)のはなしもする。



主人しゅじんに、

たくさんべても、わるくならない方法ほうほうについての

手紙てがみる。



最後さいごに、主人しゅじんが、

引力いんりょく(gravitation)」についての奇妙きみょう(?)をつくる。



吾輩わがはいねこである(4)



吾輩わがはいは、ねこである。

名前なまえは、まだ、ない。

あたらしいとしになって、十日とおかほどすぎた。



主人しゅじんいえに、

迷亭めいてい先生せんせいと、寒月君かんげつくんている。



三人さんにんは、それぞれ、

自分じぶん奇妙きみょう経験けいけん(?)のはなしをする。



くびをつりたくなるまつはなし

(つる:to hang)



かわなかから、

おんなこえこえるはなし



つまかけようとすると

突然とつぜん病気びょうきになるはなし



最後さいごに、吾輩わがはいは、

病気びょうき三毛子みけこいにく。



しかし、なぜか、いえは、とてもしずかだった。



吾輩わがはいねこである(5)



主人しゅじんがいないあいだに、

おくさんが、迷亭めいてい先生せんせい

主人しゅじんについて、はなしをする。



たくさんほんはなし

月並つきなみ普通ふつう人間にんげん)とは

なにかというはなし



主人しゅじんかえってくると、

寒月君かんげつくんて、

奇妙きみょう演説えんぜつ練習れんしゅうをする。



最後さいごに、

東風君とうふうくん

外国人がいこくじんはなしをして

意味いみがわからなくて、苦労くろうするはなし






You can Read Japanese Literature in Japanese

Learning to Read Japanese

0 件のコメント:

コメントを投稿