2021年1月23日土曜日

JLPT N3: Japanese Short Stories: Osamu Dazai: 海



JLPT N3 Japanese Short Stories

うみ

太宰だざいおさむ

戦争せんそうちゅう日本にほんはなしです)



(1)



東京とうきょう三鷹みたかいえにいたころは、

毎日まいにちのように、

近所きんじょに、爆弾ばくだん(bomb)がちた。



わたしんだってかまわない。



が、しかし

このあたまうえに、爆弾ばくだんちたら、

このは、とうとう、

うみというものを、一度いちどずに、

んでしまうのだ

おもうと、つらいがした。



わたしは、

津軽つがる平野へいや(Tsugaru Plain)のまんなかで、まれたので、

うみるのが、おそく、

十歳じっさいくらいのときに、はじめてうみたのである。



そうして、

そのときの、とてもたのしかった気持きもちは、

いまでも、わたしもっと貴重きちょうおもひとつになっているのである。



このにも、いちどうみせてやりたい。



(2)



子供こどもは、おんな五歳ごさいである。



やがて、三鷹みたかいえ爆弾ばくだんでこわされた

が、

いえものは、だれけがをしなかった。



わたしたちは、

つま故郷こきょうである、甲府市こうふしうつった。



しかし、まもなく、

甲府市こうふしにも爆弾ばくだんちてて、

わたしたちのいるいえけてしまった。



しかし、たたかいは、なお、つづく。



いよいよ、わたしまれた土地とち

つま子供こどもれてくしかなかった。



そこが、最後さいご場所ばしょである。



わたしたちは甲府こうふから、

津軽つがるの、わたしまれたいえかって

出発しゅっぱつした。



三日みっかかかって、

やっと秋田県あきたけん東能代ひがしのしろまでき、

そこから五能線ごのうせんえて、

すこし、ほっとした。



(3)



うみは、……うみえるのは、

 どちらがわです」



わたしは、まず、

車掌しゃしょう(conductor)にたずねる。



このせんは、

海岸かいがんの、すぐちかくをとおっているのである。



わたしたちは、うみえるがわすわった。



うみえるよ。

 もうすぐえるよ。

 浦島うらしま太郎たろうさんのうみえるよ」



わたしひとり、なにかとさわいでいる。



「ほら! うみだ。

 ごらん、うみだよ、ああ、うみだ。

 ね、おおきいだろう、ね、うみだよ」



とうとう、このにも、

うみせてやることができたのである。



かわだわねえ、おかあさん」

と、

子供こどもは、

いつもとおなじようにはなしている。



かわ?」

わたしおどろいた。



「ああ、かわ

つまは、半分はんぶんねむりながらこたえる。



かわじゃないよ。うみだよ。

 まるで、ちがうじゃないか!

 かわだなんて、ひどいじゃないか」



じつに、つまらないおもいで、

わたしひとり、夕方ゆうがたうみながめる。






You can Read Japanese Literature in Japanese

Learning to Read Japanese

JLPT N4: Japanese Short Stories: Ryunosuke Akutagawa: 仙女(fairy)

JLPT N4: Japanese Short Stories



仙女せんにょ(Fairy)

芥川あくたがわ龍之介りゅうのすけ



むかし、ある田舎いなか

わか男性だんせいが、一人ひとりんでいました。



かれ

いえなか

ほんばかりんでいました。



かれいえとなり

わかおんな一人ひとり

んでいました。



とても、うつくしいおんなでした。



かれ

いつも、

このわかおんなのことを、

りたいとおもっていました。



彼女かのじょが、どこからたのか、

なにをして、生活せいかつしているのか

だれも、らなかったのです。



あるかぜのない、はる夕方ゆうがたでした。



かれ

そとてみると、

このわかおんなが、おおきなこえで、

なにか、っているのが、

こえました。



かれ

どうしたのだろう、とおもいながら、

彼女かのじょいえまえってみました。



すると、

彼女かのじょは、とてもおこって、

一人ひとりの、おじいさんのあたま

たたいているのです。

たたく:to hit)



しかも、

おじいさんは、そのわかおんな

あやまっているのです!



それでも

彼女かのじょは、

おじいさんのしろかみあたま

たたいていました。



かれは、いました。



「これは、どうしたのです?



 こんな、おじいさんをたたかなくても

 いいじゃありませんか!」



かれ

彼女かのじょが、おじいさんをたたくのを

めようとしました。



自分じぶんよりとしをとったひとたたくのは

 くないことですよ」



わかおんないました。



わたしよりとしをとったひとを?

 このおとこは、わたしよりも、わかいのですよ」



「このおじいさんが、あなたより、わかい?」



「ええ、そうです。

 わたしは、このおとこ母親ははおや(mother)ですから」



かれおどろいて

彼女かのじょかおました。



彼女かのじょは、やっと

たたくのをめました。



とてもわかくて、うつくしい彼女かのじょは、

かれをまっすぐにて、

こういました。



「この息子むすこは、

 わたしうことをきません。



 息子むすこは、

 わたしうことをかないで、

 自分じぶんきなことばかり、していました。



 だから、

 としをとってしまったのです」



「でも、……

 このおじいさんは、もう七十ななじゅうくらいでしょう。



 そのおじいさんの母親ははおやだという、あなたは、

 いくつなのですか?」



わたしですか?

 わたしは、三千さんぜん六百ろっぴゃくさいです」



かれ

この言葉ことばいて、

このうつくしいとなりおんな

仙女せんにょ(fairy)だったことを

りました。



しかし、

その言葉ことば一緒いっしょ

そのうつくしい彼女かのじょ

どこかへ、えてしまったのです。



はるの、あかるいひかりなかに、

おじいさんは、一人ひとりっていました。






You can Read Japanese Literature in Japanese

Learning to Read Japanese